日本橋再生計画 創っていく

「日本橋再生」から「日本再生」へ―。過去から未来へ、私たちは長期的視野に立って、時代の求める「価値創造」に取り組んでいます。

商業ビル、開発街区、船着き場など、街に生まれる新たな魅力

COREDO日本橋

商業と金融、2つのメインストリートが交差する日本橋の真ん中に2004年に誕生した事務所・商業の複合開発。弓形のガラスと石の組合せでできた外観は、風を受け帆を広げた帆船を思わせます。

COREDO日本橋

日本橋三井タワー

2005年7月にオープンした、日本橋の新しいランドマーク。隣接する三井本館の保存と調和を目的に誕生しました。中央通り沿いの歴史的景観を守るため、さまざまな配慮が重ねられています。

日本橋三井タワー
COREDO室町1(室町東三井ビルディング)

「日本を賑わす、日本橋」をコンセプトに、日本橋の歴史を尊重しつつ現代の新しさも取り入れた複合施設。飲食、物販店舗を集積させた商業ゾーンと、日本橋地域最大級の多目的ホール「日本橋三井ホール」から構成され、幅広い世代の方々にご活用いただけます。

COREDO室町1
COREDO室町2(室町古河三井ビルディング)

老舗の新業態をはじめ、「by Today ~できたてを本日中に~」をコンセプトにした食物販コーナー(地下1階)や、日本橋初となる映画館「TOHOシネマズ日本橋」(13階)など、飲食とエンターテイメントが融合した複合施設。コレド室町と接する仲通りは、暖簾や行燈をモチーフにした老舗が軒を連ね、街歩きの楽しさが演出されています。

COREDO室町2
COREDO室町3(室町ちばぎん三井ビルディング)

「日本の良いもの」や「美しいもの」を今の暮らしにあわせ、新たな「衣食住」を提案する雑貨店を中心に、飲食、食物販店など、計30店舗が入る。商業施設としては日本初となる和のレンタルスペースもあり、新たな「日本橋スタイル」も提案します。

COREDO室町3
日本橋三井ホール

COREDO室町1 4階にある駅直結の大型多目的ホール。歌舞伎や落語などの伝統芸能舞台の定期開催から、音楽ライブまで、さまざまなイベントを開催します。

日本橋三井ホール
マスターアーキテクト/デザインアーキテクト担当
團 紀彦(だん のりひこ)/建築家

当プロジェクトでは、日本橋の歴史や文化を再生することをテーマに、歴史ある既存施設の有効活用と、街路再生に主眼を置いた開発を提案。曾祖父は、戦前の三井財閥の総帥・團琢磨。父は、クラシック音楽の作曲家・團伊玖磨。芸術家・研究者を多く輩出している家に生まれた、日本を代表する建築家。