日本橋再生計画 【文化】の発祥地、日本橋

江戸時代の日本橋は、商業だけでなく、文化においてもめざましい発展を遂げました。絵草紙や浮世絵などの印刷物、江戸歌舞伎や人形浄瑠璃などの芝居─。こうした文化が盛んになったことで、日本橋はさらなる賑わいを見せました。

日本各地から集まり、発展した様々な文化

江戸時代の文化は、京都や大坂を中心におこった「元禄文化」と、江戸を中心におこった「化政文化」に分けられます。これらはいずれも、町人が育んだ庶民の文化である点が特徴。こうした文化の発展には、五街道の起点として全国から多様な文化・技術が結集した、日本橋の存在が大きく貢献したと考えられています。

江戸時代の主な文化 ■文学作品 浮世草子… 井原西鶴、十返舎一九、滝沢馬琴ほか
■舞台演劇 歌舞伎、人形浄瑠璃… 近松門左衛門
■絵画 装飾画… 俵屋宗達、尾形光琳
  浮世絵・錦絵… 菱川師宣、安藤(歌川)広重、葛飾北斎

出版文化の礎

日本橋では、江戸時代を代表する書籍や絵草子、浮世絵など、印刷物の生産が多数行われました。江戸最大の書物問屋「須原屋」や、浄瑠璃本の版元として発展した「鶴屋喜右衛門」など、多くの版元が活躍。このような印刷文化の流れを受けて、明治時代に入っても、日本橋では本屋や新聞・出版等の企業が発展を遂げました。現在の日本橋にも、紙問屋や印刷関係の企業が多いのは、こうした街の歴史が残っているためといえるでしょう。

江戸歌舞伎のはじまり

日本橋は、芝居見物の街としても人気を博します。江戸歌舞伎や人形浄瑠璃などの上演は、現在の日本橋「人形町」界隈(堺町、葦屋町、木挽町の3町)に限られたため、このエリアは魚河岸と並び、最も江戸っ子的気風を育んだ地となりました。
特に江戸歌舞伎は、大衆文化として人気と地位を確立します。江戸歌舞伎のはじまりは、1624年(寛永元年)、中村座の猿若勘三郎が中橋(日本橋と京橋の中間)で櫓(やぐら)をあげたことに由来。まもなく市村座、森田座、山村座が続き、江戸歌舞伎はますます発展していきました。「役者の氏神」といわれた市川団十郎をはじめ、市川団蔵、岩井半四郎、尾上菊五郎 などのスーパースターが絶大な人気を集め、文化・文政期には、『東海道四谷怪談』で名を残した鶴屋南北(四代目)が登場。また、長唄の杵屋六左衛門、囃子の田中伝左衛門なども輩出するなど、やがて江戸歌舞伎は、大衆文化の項点に立つようになりました。

江戸を華やかにした芝居街

「三芝居之図(中村座内外の図)」歌川豊国 1817年 早稲田演劇博物館所蔵

かつて日本橋人形町界隈は、「芳町」「堺町」「葺屋町」などと呼ばれ、芝居街として賑わいを見せました。1841年(天保12年)に浅草猿若町に移転が命じられるまで、歌舞伎の興行地であった人形町界隈と、同じく芝居小屋木挽町は、江戸の芸能文化の中心地として繁栄します。また芝居小屋以外にも、講談や手品、曲芸などさまざまな演芸が興行され、一大興行街として江戸を華やかに盛り上げました。

日本橋に点在する現在の文化的施設

ピンをクリックすると詳細をご覧いただけます。