日本橋再生計画 未来の日本橋

日本橋から、東京有数の観光スポットへ─。江戸時代に繁栄した舟運都市としての機能を現代に復活させ、東京中の新旧観光スポットを“水の道”で結ぶプロジェクトが、現在着々と進行中です。「日本橋」のたもとには船着場がつくられ、舟運観光ネットワークの活性化を後押しします。

2011年4月「船着場」完成。他地域と連携し、“舟運都市江戸”の姿を蘇らせる

2011年4月に完成した日本橋船着場

現在東京では、かつて舟運都市として栄えた江戸の街機能を蘇らせるべく、都内の複数地域と連携し、“水の道”の整備に取り組んでいます。2011年4月には、「日本橋」のたもとに船着場が完成しました。日本橋では、「水辺再生研究会」が中心となって行う日本橋周辺の水辺整備に加え、墨田区・台東区・江東区などと連携し、2010年6月に「隅田川流域舟運観光連絡会」を設立。東京をめぐる“水の道”を蘇らせ、舟運観光ネットワークによって街のさらなる活性化を目指します。

日本の新たな観光名所となる街並み

左/新旧の観光スポットを水辺で結ぶ都内の舟運観光ネットワーク出典:日本橋再生推進協議会第8回日本橋船着場勉強会 右上/東京スカイツリー®/2012年5月開業 右下/三社祭700年/2012年5月

2011年4月に架橋100年を迎えた「日本橋」のこれから

イメージ図
出典:日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会

国の重要文化財である「日本橋」は、2011年4月に架橋100年を迎えました。2011年は「名橋『日本橋』保存会」内に架橋100年イベント検討委員会を組成し、100周年イベントを実施しました。こうした街づくりの取り組みが進む一方、依然として「日本橋」が抱える大きな問題のひとつに、首都高速道路の移設問題があります。1964年の東京オリンピック開催の際に、準備期間が極めて短い状況と新たに用地取得の必要がないとの理由から川の上空に高速道路が建設されました。当時は国策であるオリンピックを成功させようと地元も支えた事業で、日本の高度成長の象徴的な建造物でしたが、日本橋で生活を送る人々は、「日本橋」上空を覆っている首都高速道路が移設され、街に素晴らしい景観が戻ってくることを強く望んでいます。近い将来、日本橋はかつての景観と賑わいを取り戻し、昔から引き継がれる“伝統”と、新しい魅力で未来を切り開く“革新”が共存する街として、多くの人々が訪れる街になることでしょう。

日本の新たな観光名所となる街並み

イメージ図
出典:日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会