お腹も心も満たすフレンチカフェ シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール

2012年04月【第18号】
  • 日替わりランチ「鶏肉のオージュ谷風 りんごソース」(焼き立てパン付き)1,050円(土曜1,200円)。カルヴァドスで香りづけしたクリームソースが決め手。おばあちゃんのスープは200円。

  • 上/あたたかな笑顔が印象的なロランスさん。もともと日本橋に勤務していたこともあり、流暢な日本語で出迎えてくれる。
    下/大きく切られた窓の、明るい開放感が心地よい店内。訪れて、まず目に飛び込んでくるのは、モンマルトルの街並みを描いたタイル壁画。

  • 上/パリの街角にいるような気分になれる店の入口。すぐ脇では暖かい季節になるとオープンカフェが楽しめる。
    下/モンマルトルのカフェを模したミニチュアハウス。店内にはこうした愛情のこもった装飾品や絵画がさりげなく飾られている。

 かつてパリ・モンマルトルで両親が経営していたカフェを、日本橋人形町で引き継いだ夫婦がいる。地元ではすでに知られた「人形町松竹庵」の益川良雄さんとロランスさんだ。

 この蕎麦屋で出会い結婚した2人は、2号店を考えはじめたときに、この街で新しく始めるなら、とロランスさんの祖父母の代から続いたカフェを復活させようと決意する。

 しかし、異なる業態に挑むのはたやすくない。フランス料理の勉強をはじめ、店舗の設計や仕入先の確保など、店を手伝いながらの準備期間には約4年を費やしたという。「松竹庵のお客さまや人形町の方々には本当にいろいろ助けていただきました。皆さんのおかげだと、いまも感謝しています」とロランスさんは語る。

 料理は、代々受け継がれたレシピをもとに、ご主人がスタッフとともに意見を出しあって考案している。一番人気の日替わりランチは、常連さんが飽きないようにと100種類を超えるレシピがあるという。また、フランスの習慣に倣い、毎週金曜は魚料理が登場する。

 その他、グラタンやキッシュをメインとした定番ランチのファンも多い。特に野菜が不足しがちな社会人のために考案したというサラダランチは、日によって食材が異なり、ボリューム満点で男性にも人気なのだとか。

 「食事をしたときに、ほっと気持ちが安らぐようなお店にしたい」というだけあって、店内はいつも居心地がよい。ぜひ足を運んで、お腹はもちろん、心も満たしてほしい。

DATA
店名 カフェ シェ・アンドレ ドゥ・サクレクール
住所 東京都中央区日本橋人形町1-8-5
03-6228-1053
営業時間 11:00~20:30(L.O.20:00) (ランチタイム~14:30、ディナー17:00~)
日曜・祝日休
URL http://park7.wakwak.com/~chezandrescoeur