長く愛用したくなる品に出会える店 ヒナタノオト

2017年04月【第78号】
  • シンプルで飽きのこない器が並ぶ。どれも一つひとつ味わいが異なるので、手に取って選びたい。

  • 「VANILLA」というブランドの麻地の服たち。リラックスしたシルエット、柔らかな肌触りで着心地も抜群。

  • 角地にある店舗は、ブルーの外装とガラス窓が目印。

  • 光が降り注ぐ店内にはさまざまなアイテムが並べられている。ゆったりとショッピングを楽しみたい。

 日本橋小舟町にあるヒナタノオトは、手仕事の品を集めたギャラリー&ショップ。2006年に日本橋浜町で創業し、2011年にこの地に移転した。かねてから千葉県市川市を拠点に手仕事の工芸品を扱っていたオーナーの稲垣早苗さんが、「もっといろいろなお客さまに作品を手に取っていただきたい」との想いから、日本橋の地に店を構えたという。平日は近隣で働く30~40代の女性、休日は遠方から訪れる幅広い年齢層のお客さまで賑わう。

 店で取り扱う作家は50~60名ほど。アイテムも陶磁器、ガラス、染色、金工、木工、革製品などさまざまだ。どれも手づくりの温もりが漂い、長く愛用したくなる品ばかり。常設だけでなく、期間限定で企画展も開催しており、作家の発表の場としても活用されている。「企画展の時には、作家のファンの方も数多くいらっしゃいます」。その時だけしか出会えない稀少アイテムが並ぶこともあるので、季節ごとに訪れたくなる。
 就職や引越など新生活がスタートするこの時季のプレゼントには、陶磁や木の器なども喜ばれるだろう。4月7日から16日までは革製バッグと小物の受注会も開かれるので、お財布や名刺入れなどを自分用に新調するのもいい。きっと心躍る春になるはず。

DATA
店名 ヒナタノオト
住所 東京都中央区日本橋小舟町7-13 セントラルビル1階
03-5649-8048
営業時間 12:00~19:00(土・日曜・祝日~18:00)
木曜休 ※臨時休業あり
URL www.hinata-note.com

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。