日本の洋食店の草分け たいめいけん

2011年02月【第4号】
  • タコとトマトのマリネ、カニのグラタン、ローストビーフにサラダ、旬素材の牡蠣フライや的矢牡蠣のグラタンなど全9品。日替わりなので毎日でも愉しめる「洋風小皿ランチ」3,000円

  • 上/デザインも素敵な「たいめいけん」オリジナルの山梨産赤ワイン
    下/アンティークのお鍋やフライパンなどが飾られた、クラシカルな雰囲気漂う2階のレストラン

日本橋景のひとつにもなっている!?「たいめいけん」のランチタイム行列。多くの人に愛されている「たいめいけん」は、昭和6年(1931年)に創業。オムライスにグラタン、ハンバーグなど、初代シェフの掲げた「日本人のための洋食」を、2代目、3代目と守り継いできた。

 1階が行列をなすカジュアルな洋食レストラン、2階は本格的な料理を愉しめるレストランになっている。スペシャルなランチタイムを過ごしたいなら、2階のレストランでいただく「洋風小皿ランチ」がお薦め。

 3代目・茂出木浩司さんは「色々な料理を味わいたいというお客様の言葉からスタートした当店名物の小皿料理。『洋風小皿ランチ』では、少しずつ盛り付けた9品の料理を愉しんでいただけます」と話す。グラタンもフライも味わいたい、できればスープも、というワガママもかなえてくれる嬉しいランチだ。定番の小皿はもちろん、旬の素材ごとにガラリと変わる小皿も愉しみのひとつ。

 「冬は牡蠣が美味しい時期なので、待ちわびているお客様も多い牡蠣フライ、さらに的矢牡蠣のグラタン仕立てなど、熱々の牡蠣メニューも存分に召し上がっていただけます」と茂出木さん。

 レトロモダンが薫る「たいめいけん」で、名物料理の数々を味わいたい。

DATA
店名 たいめいけん
住所 東京都中央区日本橋1-12-10
03-3271-2464
営業時間 2階レストランは11:30~15:00(L.O.14:00)、17:00~21:00(L.O.20:00)
日曜・祝日休
URL http://www.taimeiken.co.jp

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。