日本橋で働くビジネスマンたちに愛されてきた季節料理 千とせ

2011年03月【第5号】
  • 味付け、焼き加減と絶妙な「銀ダラのもろ味噌漬け焼き魚定食」1,100円。ちょっとお刺身気分ならばマグロの小鉢もプラスして。「半刺身」300円

  • 民芸調の暖簾にも温かみを感じるカウンター。郷土史や地方の美味しい店やモノ情報など知識が豊富でお話し上手なご主人

  • あこや伝説で有名な山形県の千歳山から名づけたという「千とせ」。先代は山形県ご出身だったそう

日本橋室町の小路にひっそりとたたずむ「千とせ」。味のある店構え、引き戸をガラリとあけると小さなカウンターと小上がりが目に入る。カウンターはきれいに整えられていて、落ち着いた雰囲気の小上がりもいい感じだ。日本橋のビジネスマン、それもオジサマたちのファンが多いと言うのも頷ける。

 夜は予約のお客様に限って、全国から届く旬の魚介類を中心としたコース仕立てのお料理が愉しめる同店だが、「お昼ごはんにも美味しい魚を食べて欲しい。だから魚にこだわった定食を出しています」とご主人の沼尾明久さん。

 季節を問わず人気が高い「銀ダラのもろ味噌漬け焼き魚定食」。表面は香ばしく中はふっくら焼き上げた、ちょっと甘めで肉厚の銀ダラが絶品だ。また普通のお味噌汁ではなく、大根や人参や里芋がゴロゴロ入った豚汁がついてくるのも嬉しい。ほかにも皮まで香ばしいあこう鯛、いい塩梅のサバ塩、などの美味しい焼き魚定食が愉しめる。

 「少し入りにくい店構えなので常連のお客様が多いですが、新しいお客様ももちろん大歓迎。美味しいお魚が食べたくなったらお気軽にいらしてください」と沼尾さん。

 オジサマだけのお愉しみ処なんてズルイ(笑)、と最近では女性のおひとり様も増えているそう。

DATA
店名 千とせ
住所 東京都中央区日本橋室町1-12-5
03-3241-5811
営業時間 11:00~13:00、17:00~23:00(夜は要予約)

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。