日本人のための、やみつきになる中華ランチ 小洞天 日本橋本店

2012年07月【第21号】
  • いちばん人気の『シウマイご飯+半担々麺』1,180円。シウマイは旨みたっぷりなのでそのままでも。担々麺には白髪ネギと水菜の他、風味豊かな豚の角煮が入っている。

  • 夏季限定の『冷やし しぐれ辣麺』1,050円は、お客さまの熱烈な要望もあり、5月から提供開始。みずみずしいレタスときゅうりが、さっぱり感を増している。

  • シックで落ち着いた色合いのビルに、金文字が目印。日本橋駅B11出口から徒歩1分。コレド日本橋の正面玄関向かいの路地を入ったところにある。

  • 重厚なインテリアに、どこか懐かしさの漂う店内。1階ではテイクアウトのシウマイもあり、お土産などにおすすめ。冷凍保存は一切しないので、旨みがそのまま活きている。

日本人の味覚に合うようにアレンジされた小洞天の“シウマイ”は日本橋生まれ。半世紀以上変わらぬレシピで、親から子へ、子から孫へと愛され続けている。そんな人々の心をつかんで離さないロングヒットメニューをご紹介。

 具がぎっしりと詰まった食べ応えのあるオリジナルの“シウマイ”が人気の小洞天。昭和19年(1944年)の創業以来、使う食材は豚肉、ネギ、生姜のみというシンプルさで、片栗粉などのつなぎを一切使わない。機械で圧力をかけてつくるシウマイは、人の手では不可能なジューシーさと、もっちりとした食感が楽しめる。

 ランチタイムは、このシウマイとご飯にもう1品ついたセットメニューが人気。特に醤油ベースに深炒りした胡麻だれ、辣油、砕いたピーナッツなどを加えた担々麺のセット『シウマイご飯+半担々麺』は、シウマイの生姜と、担々麺の香ばしい辛さが絶妙にマッチして何度でも通いたくなる。

 お昼だけで1日約250~300人が訪れるという店内は、1階から3階まで客席があり、ピーク時でも比較的スムーズに入れるのが嬉しい。「各フロアにシウマイ用の蒸し器とご飯を用意して、できたてのものをお客さまに召し上がっていただけるよう心がけています」と教えてくれたのは、店長の鈴木詠一さん。

 ボリュームたっぷり、ご飯のおかわりも自由とあって、客層の7割はビジネスマンが占めるそうだが、夏季限定「冷やし しぐれ辣麺」は女性ファンも多い。ピリ辛濃厚だれにさっぱりとした大根おろし、ぱりぱりのカタ焼きそばの組み合わせが素晴らしく、夏バテなどで食欲がないときでも、ぜひ食べてみてほしい。どれも一度知ったらやみつきになる味だ。

DATA
店名 小洞天 日本橋本店
住所 東京都中央区日本橋1-2-17
03-3272-1071
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00(L.O.21:00)
年中無休(年末年始を除く)
URL http://www.shodoten.com

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。