グローバル ウェルネスデイ ランニングイベント

2018年08月【第94号】
  • 日本橋にゆかりのある約70名が参加。「I SAY YES!」を合言葉に、気合いも十分。

  • 新緑の美しい皇居周辺を走るランナーの皆さん。アシックスランニングクラブコーチがペースをつくってくれる。

  • 当日は、アシックスのランニングシューズの試し履きができるサービスも。

  • 三井タワー前のゴールシーンでは、ランナーたちの笑顔がはじけた。

  • ザ マンダリン オリエンタル グルメショップで提供された「ウェルネス ブレックファスト」。キヌアやチアシードなど、スーパーフードを使ったヘルシーなメニューが並ぶ。

  • 朝食の後は、ザ・スパ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京の「ヒート&ウォーター施設」でクールダウン。

 今号の「日本橋で○○しました」は、今年6月に開催されたウェルネス ランニング イベントの様子をレポート。マンダリン オリエンタル 東京とアシックスジャパンのコラボレーション企画で、2回目の開催となる今年は、日本橋近隣のワーカーや老舗の旦那衆など、日本橋にゆかりのある方を公募し、約70名が参加した。
 早朝6時半から、アシックスランニングクラブコーチの指導のもとストレッチが行われ、皇居周辺と浅草周辺を走るグループに分かれてスタート。普段から走り慣れている人もそうでない人も、プロのコーチのペースに合わせて走ることができるので、ランナーたちもリラックスした表情だ。

 私たちが密着したグループは、新緑が爽やかな皇居のお濠沿いをぐるりと走り、スタートからおよそ1時間後、アシックスストア銀座に到着。エネルギーチャージと記念撮影を終え、ゴールの日本橋三井タワーへ向けて再出発。約10kmのランニングを終えたランナーたちは、はじける笑顔でゴールテープを切った。クールダウンのストレッチの後は、マンダリン オリエンタル 東京で「ウェルネス ブレックファスト」を囲み、参加者同士が親睦を深めた。参加者の女性の一人は、「日本橋にゆかりのある皆さんと一緒に、早朝の街を走るのはとても気持ちのいい経験でした」と話してくれた。日本橋から発信されるこのイベントは、今後も現代人の健康づくりと人々をつなぐ架け橋になるだろう。

DATA

グローバル ウェルネスデイ
2012年にトルコでスタートし、毎年6月第2週目の土曜日に世界各国で開催されているウェルネス・ソーシャルイベント。“1日を変えれば、これからの人生も変わる! ”というスローガンのもと、健康的なライフスタイルを提案している。


※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。