NIHONBASHI-願いの森

2017年02月【第76号】
  • 普段は和の情緒あふれる福徳の森にイルミネーションが施され、輝く森に衣替え。青、紫、白、緑など、鮮やかな色の変化も見応えがあった。

  • 会場のディスプレイに表示された願い事たち。流れ星を検知すると、その大きさを計測・記録し、流れ星を待つ間には、過去の記録も見ることができた。

  • ふたご座流星群の到来に合わせて12月13日~ 17日には、キキ&ララが登場。透過スクリーン上で動き、流れ星が来たことを知らせてくれた。

  • 会場に隣接する芽吹茶屋で期間限定販売された『キキ&ララ 今川焼』。ホワイトチョコクリームほか、濃厚な特製クリームや餡がぎっしり。

 福徳の森で開催された「NIHONBASHI - 願いの森」は、本物の流れ星と連動した世界初のイルミネーション! さらに、年間で最多の流れ星を観測できるふたご座流星群が期間中に訪れることから、ふたごの星の子「キキ&ララ」のコラボスイーツも限定販売されるというので期待が膨らむ。

 会場のスタッフに話を聞いてみると、流れ星は10~15分に1回は上空を通過しているそう。それを電波で捉え、解析システム等を用いて流れ星を検知してくれる仕組みだ。面白い仕掛けはまだある。流れ星が降ってきたときに“願いごとを3回唱えると叶う”という言い伝えに倣い、WebやTwitterから願い事を投稿すると、会場のディスプレイに3回表示されるのだ。

 ひと通り説明を受け、スマホからいざ投稿! すると、自分の願い事がディスプレイに表示され、クーポンやプレゼントが入った“星のかけら”がスマホに届いた。投稿から待つこと約5分、流れ星が到来を知らせるように光りを放ち、ディスプレイには投稿されたさまざまな願い事が流星のように空へ向かって表示された。

 普段、目に見えない流れ星をシステムによって体感できる「NIHONBASHI - 願いの森」。かわいいコラボスイーツを堪能しつつ、高精度の技術が応用されたエンターテインメントに感動する夜となった。

DATA

NIHONBASHI-願いの森
2016年11月25日~ 2017年1月9日に開催。数々のデジタルプロモーションを手がけるBasculeが企画・演出し、福徳神社に隣接する福徳の森に、新たなパワースポットが誕生した。