日本橋横山町 Yokoyamacho

2017年03月【第77号】
  • IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen
    干物などの焼き物や鍋が可能な囲炉裏のラウンジ。「全国各地からゲストを招いて食イベント等も開催し、雰囲気がよく楽しそうですね」とアリア。囲炉裏で焼いた朝食(日~木曜、500円)が人気。( 宿泊は2,800円~、全71床)

  • 小宮商店
    「日本らしいデザインがあり、とても丈夫なうえ、昔ながらの製法で丁寧につくられているのが魅力ですね」。訪日旅行客には、折り畳み傘が人気だとか。

  • TRAIN HOSTEL北斗星
    A個室(半個室)は、当時いちばん人気だった最高級の部屋ロイヤルの備品を使用し、1泊4,000円~(全室、季節により変動あり)。館内の定員は78名。

  • TRAIN HOSTEL北斗星
    シートを倒すとベッドになる当時のツインデラックスを使用。男女混合ドミトリー内二段ベッドは2,500円~(季節により変動あり)。ベッドの読書灯、補助席、サイドテーブル、車両番号のプレートを再利用。

 日本橋案内所の外国人コンシェルジュが、海外の視点で日本橋のおすすめスポットを紹介するコーナー。
 今月の案内人アリアがご紹介するのは、国内外からバイヤーが訪れる、日本有数の問屋街・日本橋横山町界隈。今回は馬喰町駅から出発し、昨年暮れにできたばかりの「TRAIN HOSTEL北斗星」へ。駅直結で利便性のいいこの地から東日本への旅の拠点として、人々に愛されてきた寝台列車の北斗星を再度蘇らせたいと、列車のパーツを再利用してオープン。「ホステルから東京スカイツリーRが見えて、海外でも有名な日本の寝台列車に乗る気分で宿泊できるのがいいですね」とアリア。そこから東日本橋駅方面へ向かい、「IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen」に立ち寄る。ラウンジには囲炉裏を備え、客室は暖簾で仕切られ和の趣に。日本橋エリアや日本各地のローカルな観光情報も発信している。また、この隣にある「ホテル奉仕会館」は、個室、相部屋を用意し、気軽に泊まれ親しまれている。

 この辺りで腹ごしらえするなら、地中海料理などをおしゃれな空間で提供する「bakuro COMMON」や、畳の小上がりがあるレトロな中華料理店「大勝軒」がおすすめ。和の雰囲気で寛ぐなら、馬喰横山駅近くの「わなびばKITCHEN333」へ。
 東日本橋駅付近に向かい、専門店をめぐる。まずは昭和5年(1930年)創業の「小宮商店」に。熟練の専属職人によりこだわりの技法でつくられた傘を手に取り、目移りするアリア。伝統の甲州織をはじめ、シルクや麻・高撥水素材等、多様な生地を使用した傘が1,000本ほど揃う。付近には屋内外で使える家具や雑貨が並ぶ「INOUT」や、デザイナーズ家具を多数揃える「マルニ東京」も。 近年ではリノベーションした店舗がオープンし、クリエイターが集うなど活気づく日本橋横山町界隈をぜひ散策してみて。

DATA

日本橋横山町
馬喰町と東日本橋に隣接し、江戸時代には問屋や旅籠が連なっていた。現在も衣料品や日用雑貨などを扱う日本有数の問屋街であり、宿泊施設も多数。年2回開催される「大江戸問屋祭り」では、一般客も問屋価格で購入できる。