焼酎と九州のつまみが堪能できる店 焼酎処さつま

2017年08月【第82号】
  • 『自家製さつま揚げ』(680円)。大きくて食べ応えも十分。生姜醤油でいただく。左から順に『蔓無源氏(つるなしげんじ)』『佐藤』『芋』(一升各8,000~8,500円、グラス各500~600円)。

  • 『チキン南蛮』( 880円)。低温でじっくり揚げ、チキンの旨みを最大限に引き出したジューシーな一皿。

  • お店の看板娘 ショウさん。「美味しい焼酎と鹿児島料理をご用意してお待ちしています」。

  • 手前にカウンター8席とテーブル8席、奥に15名ほどが座れる掘り炬燵式の小上がりがある。

  • 納涼会の後の宴会にもおすすめ。

 人形町駅のほど近くにある焼酎処さつまは、鹿児島料理と焼酎が楽しめる居酒屋。オーナー店長の小杉勇人さんが、2009年にオープンした。もともとお酒の中では焼酎が特に好きだったという小杉さん。いまから14年前に人形町でカウンター8席の小さな焼酎の店を開いたが、その後、少し手狭になり、現在の場所に移転してきたのだそう。人形町界隈で働く40~60代の男性客が多く集まるという。
 20種類以上ある豊富な焼酎のラインナップは、鹿児島の蔵元「国分酒造」などから直接仕入れていて、『魔王』や『佐藤』などの焼酎が、1杯500~600円のリーズナブルな価格でいただける。

 看板メニューの『自家製さつま揚げ』は、外はパリッと、中はふんわり。ぜひとも焼酎と一緒に揚げたてをいただきたい。そしてもう一つ、やわらかく甘味のある鹿児島県産の鶏肉を使った『チキン南蛮』もおすすめ。卵たっぷりのタルタルソースが豪快にかかっていて、味、ボリュームともに大満足な一皿。これにも食事に合うお酒、焼酎がしっくりくる。「料理は一品一品、心を込めてすべて手づくりしています。美味しい焼酎をお客さまに提供することはもちろん、これからも鹿児島の新鮮な食材にこだわり、新しいメニューを開発していきたいです」。

DATA
店名 焼酎処さつま
住所 東京都中央区日本橋人形町2-2-6 藤井ビル 2階
03-6914-9884
営業時間 18:00~翌2:00/日曜・祝日休

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。