甘みのある醤油味が人気のもつ鍋 やましょう 人形町店

2017年03月【第77号】
  • プリプリとした食感のもつ鍋。あっさりとしたスープは優しい味わい。

  • 九州和牛の小腸にニラやキャベツなどの野菜を合わせた『もつ鍋』。3種の醤油をベースにした醤油味と、西京味噌を使ったクリーミーな味噌味がある。好みで柚胡椒を添えて。(1人前税込1,480円~、写真は2人前)

  • 長崎、大分や宮崎などの九州産を中心に、その時季にいちばん美味しい真サバを使った『ごまさば』(税込1,200円)。

  • 1階はテーブル席、2階と3階には座敷もある。空いていれば少ない人数でも利用できるとあって、子ども連れにも嬉しい。

  • 末廣神社の並びにある店舗。モノトーンの板塀と紫色ののれんが目印。

 人形町交差点からほど近い場所にあるもつ鍋料理の店 やましょうは福岡発祥の店。1階から3階まで続く店内は和モダンのインテリアでまとめられ、器は佐賀県の名産である有田焼が使われている。
 もつ鍋には、九州から直送される和牛の上質な小腸のみを使用しており、もつ独特の匂いもない。合わせる具材は、ごぼうのささがき、キャベツ、ニラ、鷹の爪、にんにくとシンプルだ。味付けは2種類あり、人気が高いのは醤油味。少し甘みのある3種類の醤油を合わせたまろやかな味わいが特徴だ。「食材から出るうま味でスープがふくよかになりますので、出来れば途中で薄めずに」と話すのは総店長の犬丸美寛(よしひろ)さん。

 サイドメニューでおすすめなのは、『ごまさば』。九州産を中心とした真サバをごま醤油で和えた郷土料理だ。ごまの香りが豊かで、お酒にも合う。そのほか、『トンソクの塩焼き』もこの店ならでは一皿。北海道産の豚足を水だけで3時間ほど下処理し、アクや臭みをとり、柔らかに仕上げている。
 日本酒にも力を入れており、九州産の地酒を多く取り揃えている。「お鍋の〆にはチャンポン麺をご用意しています。煮込んで美味しくなったスープとぜひ召し上がってみてください」。

DATA
店名 やましょう 人形町店
住所 東京都中央区日本橋人形町2-25-19
03-3249-2015
営業時間 17:00~24:00(L.O. 23:30) 無休