季節の味を活かす、毎日食べたい料理 かわはら

2018年10月【第96号】
  • 「カウンターは、川原さんの包丁使いを見ることができる特等席。それに、これまで料理や食材についていろいろなことを教えていただきました」と新野さん。

  • 『夜のおまかせ定食』(2,500円)は、焼き物、煮物、刺し身と小鉢3品にご飯と味噌汁、香の物がつく。ご飯と味噌汁は、あとから提供することも可能。

  • かわはらの看板メニューの一つでもある『嶺岡豆腐』(600円)は牛乳を使ってつくる胡麻豆腐。濃厚でクリーミー、胡麻の風味が口の中に豊かに広がる。

  • 店内はカウンター席のほか、テーブル席や個室、半個室もある。

  • シンプルに店名を縦に染め抜いたのれんを目印に。

 小伝馬町駅、馬喰横山駅から徒歩3分ほどの所にあるかわはらは、和食の料理人、川原渉さんのお店。天然の魚介類をはじめとした食材を吟味し、きちんと手をかけた料理が評判だ。「毎日食べても飽きない料理を心がけています」と川原さんが語れば、すぐ近くに事務所を構え、よくランチに訪れるという新野圭二郎さんは、「来るたびに新しい驚きがあり、いつも美味しいです」と笑顔で話す。  ミーティングを兼ねた食事のときはテーブル席へ、1人のときはカウンターに座るという新野さん。夕食の時間帯に1人で訪れる人には、『夜のおまかせ定食』が人気。お菜をつまみにゆっくりとお酒を飲み、ご飯と味噌汁で〆て帰る人が多いという。

“いちばん大切なのは味”という川原さんの言葉どおり、一つひとつの料理には個性があり、口にするのが楽しくなる。目利きした食材を活かす腕があるからこその品々だろう。本当に美味しいものを食べたいという日本橋ワーカーにおすすめの店だ。

DATA
店名 かわはら
住所 東京都中央区日本橋大伝馬町12-9 神浦ビル1階
03-5614-7886
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00)、17:00~22:30(L.O.22:00)
日曜・祝日休

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。