旨みたっぷりの肉料理に会話も弾む BRIDGE 日本橋

2018年01月【第87号】
  • 『骨付き仔羊のロースト』(1本税込750円)と、『三浦野菜の野菜畑』(税込1,480円)。グラスワインは日替わりで用意している(税込680円~)。

  • 柴川さんが持っているのは、希少な赤牛の肩ロース。「タイミングがよければ、希少な肉もご提供できます。お声がけください」。

  • 「うちは野菜も自慢なんです!」と傍田さんに話す店員の柴川智史さん。

  • メインダイニングは天井が高く開放的。10名程度の個室もあり、ルームチャージなしで利用できる。

  • ライトアップされた赤い内壁と「BRIDGE」の文字が目印。

 おしゃれな外観のBRIDGE日本橋は、厳選した食材をカジュアルな雰囲気で提供するビストロ。この店を教えてくれたのは、「朝から肉料理でもOKな体育会系女子です」と話す傍田捷子さん。「トリュフを使ったランチメニューに惹かれて来たのが最初です。美味しくて、とても素敵なお店だったので、後日同僚を誘って来たら、お肉料理が最高でした! 」。

 国産牛やブランド豚のほか、鴨や羊など、肉の旨みを十分に引き出した料理は、わざわざ遠くから足を運ぶ人がいるほどの評判だ。さらに野菜にもこだわり、三浦から毎日採れたてを仕入れているという。「野菜もツヤツヤしていて美味しそう。やっぱりバランスよく食べないといけませんね! 」。スキレットで熱々のまま提供する肉料理は300gから好みのボリュームでオーダーできる。旨みと肉汁を閉じ込めて仕上げるからジューシー。「前回は鶏肉をいただきましたが、次は何にしようかな」と、満面の笑みの傍田さんだった。

傍田捷子(そばたしょうこ)さん 外資系証券株式会社のテクノロジー部に所属する20代女性。プロジェクトのマネジメント業務など、年齢や部署を超えて日々多くの人々と接している。「BRIDGE日本橋は、女性なら一度は訪れるべきお店です!」

DATA
店名 BRIDGE日本橋
住所 東京都中央区日本橋1-16-3 日本橋木村ビル1階
03-6262-2825
営業時間 平日11:00~23:00(L.O.22:00)、土曜12:00~21:00(L.O.20:30)
日曜休
URL http://www.bridge-nihonbashi.jp

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。