カジュアルな中華をロゼワインとともに 中国料理 蓬莱(ほうらい)

2017年10月【第84号】
  • 肉汁たっぷりの『特製焼き餃子』(4個 680円、 2個から注文可)。お好みで酢やラー油、マスタードを添えて。ニンニク、タマネギのスライス、ごま油、塩、ブラックペッパーでシンプルに仕上げた『香菜サラダ』(580円)は女性に人気。

  • 『若鶏の丸揚げ』(1,780円)。香味野菜と調味料で味付けした肉を蒸籠で蒸し、乾燥させた後に揚げた逸品。パリッとした皮と肉の柔らかさが特徴だ。一押しのロゼワインは南フランスの『TAVEL』。グリナッシュとシラーを主体とした辛口の味わいで前菜からメインまで合わせやすい。

  • 細い路地に面した店舗。

  • 1階は4人がけのテーブル席が6つに円卓が一つ、2階は人数に合わせてパーテーションで仕切れる。座敷もあり、30名までの宴会も可能。

 八重洲の路地に佇む中国料理 蓬莱。横浜中華街で店を営んでいた初代が、昭和54年(1979年)この地に店舗を構えたという。  創業当時から変わらず愛され続けているのが、大ぶりの『特製焼き餃子』だ。味の秘密は2段仕込みにある。豚挽肉にしょうが、ネギ、酒、秘伝の調味料を合わせ、スープを加えて冷蔵庫で一晩寝かせる。翌日、白菜やニラ、白湯スープなどを加えて仕上げるという。こうすることで、肉汁をたっぷりと閉じ込めることができる。
 もう一つ、ぜひともいただきたいのが『若鶏の丸揚げ』。下味をつけた丸鶏をもみ込み、半日冷蔵庫で寝かせて、蒸籠で45分蒸す。その後2時間ほど乾燥させ、片栗粉をつけて揚げている。五香粉や粒山椒、ホワイトペッパーなどのスパイスが香り、皮がパリッとしていて香ばしい。

 そのほか、黒酢の酢豚やエビチリ、サンラー焼きそばも人気。旬の野菜を使った季節料理も味わえる。少人数でも複数の種類が食べられるようにと、一皿の量が控えめなため、女性だけでもいろいろ頼めるのが嬉しい。
 ワインにも力を入れており、世界各地から取り揃えている。特におすすめなのはロゼの生産地として名高いタベル地方のもの。「中華とワインは実はとてもよく合うんです。ぜひ試していただきたいと思います」(オーナー・ソムリエ 王肇元さん)。

DATA
店名 中国料理 蓬莱(ほうらい)
住所 東京都中央区八重洲1-5-10
03-3273-1624 または03-3271-8290
営業時間 月~金曜11:00 ~ 14:30、17:30 ~ 22:30(L.O.21:30、ドリンクL.O.22:00)
土・日曜・祝日休

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。