日々研究を重ねた注文焙煎のコーヒー豆店 こなみ珈琲

2019年01月【第99号】
  • 限定品や新入荷も多数ある世界各国の生豆。地域や品種に加え、おすすめのローストタイプも合わせて表示されている。一口にコーヒー豆といっても個性豊かなことがわかる。

  • 『ブレンドコーヒー』(レギュラーサイズ税込270円)と『カフェラテ』(レギュラーサイズ税込340円)。ラテのふんわりとしたミルクの泡は、時間が経っても潰れないきめ細やかさ。

  • ギフトBOXの用意もある『こなみ珈琲ブレンド』ドリップバッグ1杯分( 税込150円)。当日焙煎したてをパックした100g(税込650円)の焙煎豆もあり。

  • 焙煎したての豆はつやつやで美しい。1週間ほどで飲み切るなら常温保存でもいいが、長く置くなら冷凍保存がおすすめ。

  • 手前には生豆がずらりと並び、その奥に焙煎機を据えている。

  • 水天宮駅から一本入った通りに 面したお店。

 こなみ珈琲は、エチオピアやインドネシアなど世界のコーヒー農園から、これぞと選んだ生豆を店頭で焙煎するコーヒー専門店。香りと飲み心地を重視したオリジナルブレンドや、さっぱりして飲み飽きないカフェラテなどが人気だ。安産祈願で知られる水天宮が近いことからデカフェも揃えており、また専用のブレンドによるアイスコーヒーも通年で提供するなど、飲む人のニーズを押さえたラインナップが嬉しい。
 「コーヒー豆は何よりも焙煎が命。焙煎によって味わいや香りは何通りにもなります」とオーナーの廣川聖みなこ子さん。常時約36種類以上ある豆を、注文ごとに浅煎りから深煎りまで8種類のパターンで焙煎する。

1銘柄あたり焙煎にかかる時間は10分ほどだ。家での抽出方法に合わせて挽いてもらうこともできる。自分で好みの豆を選ぶのもいいが、初めてなら廣川さんに任せるのがいいだろう。いつ、どんなふうに飲むのか、味わいや香りの好みなどを細かく聞いて対応してくれるので、ぜひ相談してみよう。

DATA
店名 こなみ珈琲
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-2
03-4405-4346
営業時間 月~金曜8:30~19:00、土曜11:00~17:00
日、祝日休/不定休
喫煙BOXあり Wi-Fi× 電源× ペット×
URL http://conamicoffee.com/

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。