英国ティーハウスでいただく素朴なお菓子 タイニートリア ティールーム

2017年12月【第86号】
  • カウンターに並べられた可愛らしいお菓子たち。見ているだけで幸せな気持ちに。

  • 『プレーンスコーン』(200円)にクロテッドクリームと自家製レモンカードを添えて(各150円)。渋みが少なくしっかりとした味わいの『ヨークシャーティー』(400円)はポットで提供される。

  • 『バナナバターミルクブレッド』(400円)と、シンプルな生地にラズベリージャムを挟んだ伝統菓子『ヴィクトリア・スポンジ』(450円)。

  • エリザベス女王が描かれた缶やミニチュアのティーセットなど店内のインテリアもイギリスのものばかり。

  • その名の通り、こぢんまりとした店内では静かにお茶がいただける。

  • 英国フラッグが目印。

 日本橋人形町の甘酒横丁からすぐの場所にあるタイニートリア ティールーム。2016年2月にオープンした同店は、イギリスの田舎に数多くあるティーハウスをイメージしてつくられた。「田舎の町には小さくて可愛いティーハウスがたくさんあり、そこでいただく紅茶やお菓子がとても美味しいんですよ」(オーナーの慶本(けいもと)佐知子さん)。

 英国のお菓子は素朴でシンプルなものが多く、つくり手によって味が全く異なるという。店では常時5~6種類のお菓子を用意。定番のスコーンはプレーンとレーズンが入った全粒粉の2種類がある。外側はさっくりとした食感、内側はふんわりとした優しい甘さが特徴だ。男性にも人気なのが『バナナバターミルクブレッド』。完熟バナナをたっぷり使ったしっとりとした生地とコクのあるブラウンシュガーの甘さは何度も食べたくなる美味しさ。イギリスの定番『ヨークシャーティー』とともにいただく。気の合う友人たちとおしゃべりを楽しむ“英国式ティータイム”をぜひ。

DATA
店名 タイニートリア ティールーム
住所 東京都中央区日本橋人形町2-20-2 大山ビル
非公開
営業時間 11:00~18:00
月・火曜休(祝日は営業)
URL http://www.tinytoria.com

※上記は取材時の情報です。現在は異なっている場合がございます。予めご了承ください。