スペシャルティコーヒーが堪能できるカフェ UNISON TAILOR COFFEE & BEER

2017年09月【第83号】
  • ドリップコーヒーの『シングルオリジン』(480円)。ワイングラスのように飲み口がすぼんだ形状のマグで、コーヒーのアロマと味わいが楽しめる。ペイストリーは、一流パティシエが手がけるパティスリー「ジャンポールチェボー」から取り寄せている。写真奥左から『ミニパウンドケーキ 抹茶&求肥』、『ミニパウンドケーキ チョコレート&レーズン』1/8カット(各300円)。

  • ドリップコーヒーを一杯淹れるたびにバリスタ自らがワインのようにテイスティングを行い、味や香りを厳しくチェック。

  • カラフルなボトルが印象的なクラフトビールの“BrewDog”。左から『KINGPIN』、『5AM SAINT RED ALE』、『JET BLACK HEART』、『DEAD PONY CLUB』、『PUNK IPA』(各770円)。

  • スタッフは全員バリスタ。明るい笑顔で迎えてくれる。「コーヒーのことなら何でも聞いてください」

  • 白壁と大きな窓が印象的。店先にあるベンチでは、犬の散歩途中にコーヒー休憩をとる人もいるそう。街の人々の憩いの場となっている。

 人形町駅から徒歩約2分の街角に、今年の5月オープンしたUNISON TAILORCOFFEE & BEER。店名は、テーラーがアトリエで糸やボタン、生地などを組み合わせて新しい服を編み出すように、バリスタがコーヒーやビール、ペイストリーなどを調和させて新しい食の価値を編み出すというコンセプトのもと、つけられたそう。
 一杯ずつ丁寧にハンドドリップされるコーヒーはすべて80点以上の高品質で風味豊かな豆を使った“スペシャルティコーヒー”。「コーヒー豆はもともとフルーツなので、生豆本来が持つ香りや風味を壊さないよう、浅煎りにこだわっています」(店長兼バリスタの金 浩俊さん)。さらに、コーヒー豆を挽くグラインダーも、エスプレッソ、アメリカン、ミルクと合わせるためのコーヒーなど、目的によって使い分けている。

 朝早くから、人形町界隈で働くビジネスマンたちが買い求めるのが『本日のコーヒー』。中煎りの香ばしいタイプと、浅煎りのフルーティな香りのタイプの2種類がある。サンドイッチやトーストに使われているパンは、人形町にある“サンドウィッチパーラーまつむら”のもの。仕事帰りに一杯飲みたい人には、スコットランドの大人気ブランド“BrewDog”のクラフトビールがおすすめだ。

DATA
店名 UNISON TAILOR COFFEE & BEER
住所 東京都中央区日本橋人形町3-9-8
03-3527-2507
営業時間 月~金曜7:00~23:00 、土曜9:00~22:00、日曜・祝日9:00~20:00
無休
禁煙 Free Wi-Fi○ 電源○ ペット同伴○(犬のみ)
URL http://unisontailor.com